高橋暁子のソーシャルメディア教室

ITジャーナリスト高橋暁子のブログ。ソーシャルメディア界隈のこと、IT関連ニュースのこと等をメインに取り上げます。

データが消える!LINE機種変更設定はLINE利用者は今すぐやるべき&トークバックアップ方法

f:id:aki-akatsuki:20130708134125p:plain

機種変更時に正しく設定していなければ、LINEのアカウントは消えてしまいます。

「機種変したらLINEアカウント消えた!再度登録して〜」

という投稿はあちこちで見られます。では、どうしたらいいのでしょうか。

 

電話番号だけでは引き継げない!

LINEでは、電話番号が同じでも認識してくれません。電話番号は利用しなくなると他の人に引き継がれてしまいます。そこで、電話番号が同じだけでは本人かどうか分からず、同一人物と認識してもらえないのです。

一度認証してしまうと前の端末でLINEのアカウントを復元することはできません。友達リスト、グループ、有料スタンプの購入履歴、プロフィール設定、タイムライン、トーク内容などが消えてしまうということです。消えてしまった情報は取り戻せないため、事前に登録しておく必要があります。

 

メールアドレスかFacebookアカウントを登録しよう

LINEアプリを起動しましょう。「その他」→「設定」→「アカウント」→「メールアドレス登録」でメールアドレスが登録できます。

Facebook」を「連携する」で、Facebookアカウントの登録ができます。

機種変時だけでなく、故障や水没でもアカウントが消える場合があります!LINE利用者は今すぐ登録しておきましょう。

 

LINEトークのバックアップ方法

LINEトークはバックアップできます。ただしバックアップは手動でトークごとになるため、定期的にバックアップしておくようにするといいでしょう。

 

iPhoneの場合

右上の下向きチェックマーク→「トーク設定」→「トーク履歴を送信」→「メールで送信」でトーク内容をメール添付で送ることができます。

 

Androidの場合

右上の下向きチェックマーク→「トーク設定」→「トーク履歴をバックアップ」→「テキストでバックアップ」と「すべてバックアップ」が表示されるので「すべてバックアップ」を選択。「トーク履歴ファイルが〜にバックアップされました。メールに送信しますか?」で「はい」を選択すると、トーク内容をメール添付で送ることができます。

バックアップはSDカードに保存されるので、USBケーブルでPCにつなぎ、データをPCに移しておくといいでしょう。

 

端末の引き継ぎ手順

LINE_Backupというフォルダを作成し、PCとUSBケーブルでつないでバックアップファイルを新しい端末にコピーしましょう。

LINEアプリを起動し、復元したいトーク画面を開き、右上の下向きチェックマーク→「トーク設定」→「トーク履歴をインポート」をタップ。「トーク履歴をインポートしますか?」と聞かれるので「はい」を選択し、インポートが終わったら「確認」で完了です。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね!