読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高橋暁子のソーシャルメディア教室

ITジャーナリスト高橋暁子のブログ。ソーシャルメディア界隈のこと、IT関連ニュースのこと等をメインに取り上げます。

ネット・SNSに匿名はない!Twitterで個人特定はこんなに簡単

ソーシャルメディア 10代(ティーン) Twitter

f:id:aki-akatsuki:20131227144437j:plain

SNSを介した炎上事件、様々なトラブルが増えました。その多くは、SNSについて誤解していることから起きたものです。
ネット・SNSに匿名はありません。個人の特定は恐ろしいほど簡単です。
個人の特定がどれほど簡単なのか、「匿名」を過信すると陥る危険についてご紹介します。

 

ネット・SNSに匿名はない

ネット・SNSには匿名はないと思って行動した方がいいでしょう。

復興庁職員がTwitterで暴言を吐き、復興庁が謝罪・本人が異動・停職処分となった事件は、匿名でツイートしていました。ところが実名でツイートしていた時期があり、身元ばれから大ごとに発展してしまいました。

最近も、匿名掲示板の2ちゃんねるで暴言・誹謗中傷したライトノベル作家が個人を特定され、謝罪する事件が起きました。これは会員情報流出があったためですが、それ以外にも「匿名」とされるSNSで個人が特定される例が多数あります。

また当然ですが、ネット経由で犯罪の書き込みをすれば、IPアドレス経由で警察に身元が突き止められてしまいます。

 

実名がばれてしまうのは、実名を明かしていたことがあったり、会員情報流出、犯罪の書き込みをしたなどの特定の場合だけではありません。

たとえば、多くの炎上事件では「特定班」と呼ばれる人たちが、様々な個人情報を集めて個人を特定、さらしています。このようなことが起きるのは、我々が知らず知らずに様々な個人情報を出してしまっているからです。

また、炎上した多くのアカウントのフォロワーは大した数ではありません。それにも係わらず、リアルタイム検索などで見つけ出す人はいるのです。

 

個人情報特定の一番は「Facebook

実は、Facebookにアカウントを持っていると、個人特定は非常に簡単になります。

Twitterのみ匿名で使っていても、交友関係や位置情報を出してしまっていたり、投稿時間や行動範囲その他の個人情報をツイートしている場合があります。この情報をFacebookアカウントの交友関係や位置情報、投稿時間や行動範囲その他個人情報と照らし合わせることで、Twitterのアカウントは匿名でも実名ばれしてしまうことがあるのです。

 

Facebookアカウントからは、実名・学校名・勤務先、家族、その他多くの実生活につながる情報が分かります。

実名のFacebookだけ投稿内容を気にして、匿名のTwitterでは暴言や愚痴などをツイートしているという人は、今すぐ改めた方がいいでしょう。

 

もちろん、これはFacebookだけの話ではありません。mixiGoogle+、その他SNS、ブログなどでも、個人特定は可能です。

メアドや一つのアカウント名が分かっていれば、少し詳しい人なら他のSNSアカウントを特定することも難しいことではありません。同じアカウント名、アレンジしただけのアカウント名を使っている人はとても多いのです。

 

自宅特定もとっても簡単!

自宅特定もとても簡単です。

自宅でスマホで撮影した写真をSNSにアップしたことはないでしょうか。その写真には「Exif情報」が埋め込まれており、読み取りソフトを使うだけで、自宅の場所は簡単に突き止められてしまうのです。

このようなことを避けるためには、位置情報はオフにしておく必要があります。アプリ単位でもオフにすることができます。

 

位置情報をオフにしていても、自然災害に関するツイートをするだけでも、自宅が特定されます。「豪雨」「落雷」などをツイートすると、アメッシュなどを利用すれば、大体の位置が分かってしまうのです。

 

自宅の場所を公開したくなければ、自宅の窓から撮影した写真の公開もNGです。そこに写っているものの角度や距離などから、自宅の場所は分かってしまうのです。

その他、「学校出た」「〇〇駅なう」などのツイートの時間から、行動範囲や時間帯なども分かってしまいます。その情報はすべて、自分が出してしまっているのです。

 

問題ある発言・個人情報の出し過ぎに注意

ネット・SNSでは匿名はなく、個人特定はとても簡単です。ただし、個人情報を集められて被害に遭うというケースはそれほど頻繁に起きるわけではありません。

個人特定には労力がかかるため、自分が問題ある発言をしている場合に炎上していることがほとんどです。リアルで発言して問題ある発言はしないようにしましょう。

 

女性の場合はストーカー被害につながる場合もあります。実際に、ツイートから最寄り駅や店などに待ち伏せされて怖い目に遭いかけた女性を複数知っています。

居場所や位置情報などは、必要以上に公開しすぎないようにしましょう。

 

知らない相手とはつながりすぎないこと。

個人情報は出し過ぎないこと。

問題ある発言はしないようにすること。

このあたりを守ることで、危険性はかなり低く抑えることができます。注意しながら、安心・安全に、インターネットやSNSを楽しんでいきましょう!