高橋暁子のソーシャルメディア教室

ITジャーナリスト高橋暁子のブログ。ソーシャルメディア界隈のこと、IT関連ニュースのこと等をメインに取り上げます。

SNSで知り合って会う中高生 危険にあわないためのアドバイスとは

f:id:aki-akatsuki:20170131123842j:plain

中高生の多くはインターネットで知り合いを作り、会っています。

会うことにはまったく抵抗がありません。

小学生でも会っている子はおり、高校生になると会う割合が一気に増えます。特に高校生女子は会うことにかなり肯定的です。

 

彼女たちは出会い系目的というわけではなく、ごく自然にSNSで知り合って会っています。

たとえば、

「ライブのチケットが手に入らなくて愚痴っていたら、チケットが余っているからとTwitterで誘われて、知らない人と一緒にライブに行ってきた」

「バンドを組みたいけどメンバーが足りないのでネット上で募集して応募者とLINEでやり取りして会った」

などの理由でごく普通の子たちが会うのです。

 

彼女たちは「ネットで知り合った人と会っても危険な目に遭ったことがない」と口を揃えて言います。

しかし、それはたまたまラッキーだっただけかもしれません。

SNS経由で出会って出会い系被害に遭っている子たちは多数います。

警察庁が調査したところ、年齢・性別・職業のいずれかを偽っていた人が4割くらいおり、

「同級生の女の子と思って会いに行ったらおじさんがいた」

というようなことが実際に起きているのです。

 

彼女たちは、元々リアルとネットの違いをあまり感じていません。

スマホネイティブ、SNSネイティブなので、どちらの付き合いでも友だちは友だちと考えます。

だから、「ネットでしかやりとりしたことないけど恋人」「会ったことはないけど親友」ということがおきてくるのです。

また彼女たちは、「ネットでやりとりすればいい人かどうかすぐに分かる」と断言します。

しかし、実際には彼女たちが騙されるケースがあります。

 

既に述べた通り、街角で聞いたらほとんどの女子高生が「ネットで知り合った人に会ったことがある」と答えるくらい、会うことが普通となっています。

以前は「ネットで知り合った人とは危険だから会ってはいけない」と言うことができました。

しかし、最近ではあまりに会うことが普通となっているので、この言葉には有効性がありません。

そこで、次のように言うことをお勧めします。

 

「ネットでは素性や本性が偽れるので、危険な可能性があるし、本当は会ってほしくはない。

けれどどうしても会うなら、次のことを約束してほしい。

 

◯一人で会いに行かない。友だちと複数で会いに行く。

◯日中、人が多い場所で会う。

◯行き先や会う人のことを告げてから行く。」

 

また、会う前にある程度相手の素性を調べておくことも大切です。

SNSの過去の書き込みは偽れないので、遡って調べておくと、実在するのかどのような人物なのかが把握できます。

SNSでのやりとりでリアルな人間関係がある場合も、実在する人物の可能性が高くなります。共通の知り合いがいたら問い合わせてみることで、相手の人となりがわかるかもしれません。

本名やフリーメール以外のメールアドレス、電話番号なども聞いておくと安心です。

お子さんへの指導の参考にしてください。 

 

akiakatsuki.hatenablog.com