読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高橋暁子のソーシャルメディア教室

ITジャーナリスト高橋暁子のブログ。ソーシャルメディア界隈のこと、IT関連ニュースのこと等をメインに取り上げます。

【女子高生とLINE】LINEいじめの実態と対策とは?(3)

10代(ティーン) LINE 女子高生とLINE

f:id:aki-akatsuki:20170117171024p:plain

 

最近のネットいじめはLINEで起きることがほとんどです。
ネットコミュニケーションのほとんどがLINEで行われているからです。

なお、いじめ自体が一番起きるのは中学生。他の世代より圧倒的に多くなっています。
LINEいじめが起きる一番早い年齢は小学校高学年であり、クラスで所持している子が複数いて、悪口を含むやりとりから大問題に発展したという話を聞いたことがあります。
全般的には、中学校以上でLINEいじめが始まるケースが多いようです。

LINEで起きるいじめの主なパターンは、以下のようになります。

◯仲間はずれ(グループ外し、その子だけ外したグループを作成するなど)
◯無視(その子のトークだけを無視するなど)
◯グループ内で一斉に悪口を送る
◯本人が嫌がるような写真・動画などをクラスのグループなどに投稿する

LINEいじめの最大の問題点は、ネットいじめ全般に言えることですが、時間・場所を問わずにいじめが続くこと。
グループで集団でいじめたり、写真や動画等が共有できるので、集団いじめにつながりやすいこと。
検索対象とならず、友達になりグループに招待されないと読めないので、外部からわかりづらいことです。
また、LINEのトークは端末から削除すると証拠が残らないため、いじめっ子がいじめられっ子の端末から削除させた例を知っています。

LINEいじめを外から確実に分かる方法はないので、当人に話してもらうしかありません。
普段から様子を見守り、変化にすぐに対応するのがベストです。

なお、小学生など低年齢の子たちは文章だけでやりとりするのが難しく、問題あることを投稿してしまいがちです。
そこで、子どもたちのインターネット利用について考える研究会の「オンラインコミュニケーションの段階的利用」を利用して、徐々に子供に使わせていくことをお勧めします。

オンラインコミュニケーション能力のモデル | 子どもネット研

 

【女子高生とLINE】LINEではどのような問題が起きる?(2)

10代(ティーン) 女子高生とLINE LINE

f:id:aki-akatsuki:20170116173759p:plain

 

LINEで高校生において起きる主な問題は、数パターンに分けられます。
一般の学生が対面している問題は、「LINE依存」問題と「いじめ」問題です。この2つは非常に多く、教員の皆さんからの注目も高い問題です。

LINEはプッシュ通知があるため、通知が気になって勉強が手に付かない学生は多数います。それ故、学業不振や寝不足などにつながる例は非常に多くなっています。
もらったトークを読むと「既読」表示がされることも彼女たちを苦しめます。
プッシュ通知と既読によりLINEから離れられなくなることをLINE依存状態と言います。

学生は全般的に、「既読がついたのに返事がないのは、嫌われているか無視されているか馬鹿にされているかだ」と思う傾向にあります。

それ故、相手を嫌っていないと伝えるために、既読がついたらすぐに返事を返すことを繰り返しているうち、LINE依存となっていくのです。

これはいじめ問題とも表裏一体となっています。既読を無視する行為「既読スルー」、いつまでも既読がつかない行為は「未読スルー」と言って嫌われる行為であり、これが原因でいじめにつながる場合もあります。

 

LINE依存状態から脱却するのが難しい理由は、一人で使うものではなく相手がいるものなので、自分だけでやめられない点です。

そこで、最近は「LINEは夜9時まで」などと自治体や学校などで利用を制限して効果を上げている例が増えています。

お友達の家庭同士で話し合って決めてもいいですね。

依存しないための指導は、また別の項で解説しますね。

 

最近のネットいじめはLINEを通じて行われることが増えています。
主に、ネットコミュニケーションの大半がLINEで行われているためです。
LINEいじめについては、こちらを御覧ください。

akiakatsuki.hatenablog.com



また、LINEでは「出会い系被害」にも数多くつながっており、こちらも大きな問題となっています。
やはり細かな解説が必要なので、こちらも別の項で解説していきます。

 

 

【女子高生とLINE】女子高生のSNS事情(1)

女子高生とLINE LINE 10代(ティーン)

f:id:aki-akatsuki:20170113163401p:plain

 

初回の今回は、女子高生のSNS事情についてご紹介したいと思います。

女子高生はリアルとSNSで友人と交流します。
SNSを使っている時間はとても長く、テレビを見ながらリアルタイムでLINEというのも普通。
男子高生はスマホゲームに走る傾向にあるので、SNSが重要なのは女子高生。そこで、タイトルの【女子高生とLINE】となってくるわけです。

女子高生が使う基本SNSは、LINEとTwitterInstagram
そこに、自分好みのアプリが色々と加わってきます。最近は動画系なども人気です。

LINEは全年代の基本ツールとなってますが、10代に特徴的なのはTwitter
この2つで主なコミュニケーションを取っています。

高校生や大学生になると、クラスの友達でもメールアドレスや電話番号を知らないのは普通です。
多くの場合はLINEのみでつながったり、補助的にTwitterでつながったりしています。

入学前にLINEグループを作り、「◯◯高校入学予定。よろしく!」などとプロフィールに書いておき、入学前につながってしまうというわけです。
入学後はすぐにクラスのグループを作り、男子グループ、女子グループを作り、さらに少人数のたくさんのグループを作って交流していきます。

LINEはブロックできるので友達関係が管理しやすいと聞いたことがあります。
一方、ブロックされたらもう連絡手段がないので、Twitterアカウントを探して謝罪したという話も聞きました。

女子高生にとってLINEはインフラ。これは基本中の基本です。



最近メディアへの執筆ばかりでブログに記事を書けていませんでした。
でも、ブログは大事です。
神原サリーさんを見習って、もっと書いてみたいと思います!

多くのメディアにばらばらと書いていることのエッセンスを主にまとめていく予定です。
【女子高生とLINE】はシリーズで書いていきます。
仕事の締切の隙間で更新するので、よろしくお願いいたします。

 

 

読売新聞朝刊でフリマアプリについてコメントしています

メディア掲載・出演

f:id:aki-akatsuki:20170113161258j:plain

1月7日読売新聞朝刊くらし面の「スマホで一対一の『フリマ』」という記事でコメントをしています。

メルカリなどのフリマアプリ人気の理由について解説しています。

メルカリの人気はものすごいです。色々理由があるので、ぜひ記事を読んでみてくださいね。

 

シティリビングで画像SNSについてアドバイスしています

メディア掲載・出演

f:id:aki-akatsuki:20170112153434j:plain

シティリビング1月13日版で、Instagramなどの画像SNSの危険についてコメントしています。

個人情報漏洩、映り込み、位置情報など、ありがちなトラブルについてアドバイスしています。

フリーなので、よかったら手にとってみてくださいね!

 

 

citrusで個人情報をテーマに寄稿しています

こんな仕事をしました

citrus-net.jp

citrusで個人情報をテーマに寄稿しています。

気をつけるべきアプリやSNSを含むサービスなどについて、危険性と対策についてアドバイスしているので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

 

「更生保護」10月号に寄稿しています

こんな仕事をしました

f:id:aki-akatsuki:20161215161721j:plain

ご紹介が遅れましたが、日本更生保護協会の会誌「更生保護」10月号に寄稿しています。

SNSのいま―高校生に何が起きているか」というタイトルで、高校生のSNSを巡る実態を伝える内容となっています。