読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高橋暁子のソーシャルメディア教室

ITジャーナリスト高橋暁子のブログ。ソーシャルメディア界隈のこと、IT関連ニュースのこと等をメインに取り上げます。

C2C界に脅威!?LINE MALLは何がすごいのか

f:id:aki-akatsuki:20131227155957p:plain

LINE MALL(ラインモール) が始まりました。さすがLINE、死角はなさそうです。

現在、Android版が先行して始まっています。iPhone版は2014年初に開始予定です。

 

このサービスの特徴は、

〇C2Cの個人間売買

〇出品・決済・購入無料(売買成立時に価格の1割をLINEに支払う)

〇事前審査不要。スマホ写真を投稿→販売価格を決定→出品ボタンの超簡単出品

〇支払ったお金はLINEが一時預かり、商品が届いたら売り手に振り込む安心取引

ということです。

 

一番大きいのは、スマホのみ、しかもわずか3ステップで出品ができてしまうことでしょう。

たとえば、ヤフオクの出品システムはこうなっています。説明や画像アップ、販売形式その他多くの項目に入力しなければなりません。

アプリが用意されているのでスマホから出品も可能ですが、入力項目は多く、管理も大変です。それもこれも、支払いが当事者同士となっているためと、カテゴリが詳細に分かれているなどのシステム上の必要性からです。

つまり、ヤフオクはパソコンありきのサービスだったというわけです。

 

 一方のLINEMALLは、スマホだけでできます。スマホからの売上げが大半となりつつある今、スマホだけで出品・購入できる点はとても大きな意味を持つでしょう。

出品をできるだけ簡単にしようとした結果、検索重視の指名買い対応ではなく、フリーマーケット的な作りにしてしまいました。手作り品などの一品モノにも対応しており、商品との出会いが楽しめるサービスとなっています。

出品がスマホだけでできてとても簡単な上、支払いにもLINEが係わるため詐欺などの心配もないとあれば、リテラシー低めの層も参加してくるでしょう。

これは、C2C界に大きな脅威となりそうです。

 

その他にも、

〇送料込みの値段なのでそれ以外一切かからない

というのも大きそう。送料がかかるのでECサービスを敬遠している人は多いので、最初から込みなら、実質「送料無料」という感覚で買えてしまいます。

 

LINEヘビーユーザーなら、 

〇 買い物するとポイントが貯まる

〇出品した商品、お気に入り商品をLINEで勧めることができる

あたりも地味に効いてきそうです。

なお、成城石井、RAGTAG、丸善&ジュンク堂ネットストアなどの公式ストアもあり、今後さらに参加は拡大していく予定です。

 

他の同種のサービスに、「メルカリ」BASESTORES.jpFrillなどがあります。

公式ストアもOKという意味では、楽天やYahoo!なども影響するかもしれません。

今後のC2C系サービスの動きが楽しみですね!

 

http://jp.techcrunch.com/2013/12/20/linemall-pre-open/

http://www.nikkei.com/article/DGXZZO64677950X21C13A2000000/

http://bizmash.jp/articles/53232.html