読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高橋暁子のソーシャルメディア教室

ITジャーナリスト高橋暁子のブログ。ソーシャルメディア界隈のこと、IT関連ニュースのこと等をメインに取り上げます。

mixi日記を本にする「mixiダイアリーブック」スタートで編集してみた

f:id:aki-akatsuki:20131007161150p:plain

mixi日記を1冊の本にするサービス、「mixiダイアリーブック」がスタートしています。

 

mixi日記ってあれですよね。2004年というもう10年も前の恥ずかしい過去がいっぱい詰まっているあれですよね。でも同時に、みんなが数多くのライフイベントを書き記していました。結婚、出産、就職、転職…などの日記を書いていた人もいるでしょう。

 

mixi日記は楽しいのですが、タグもなく、どの日に日記を書いたかも分からず、日記を書いた「月」をクリックしてその月の日記を一覧表示するしかないので一覧性が悪いところが不便です。しかもその月に日記を書いたかどうかはクリックするまで分からないという…涙

本にできたら、 この問題が解消できてしかも保存できる!

 

ということで、まずどんなものか試してみました。

 

mixiダイアリーブックに登録してみる

 

まずこのページ(http://mixi.jp/promotion.pl?id=mixi_diarybook)にアクセス。 「さっそく製本する」をクリック。

 

f:id:aki-akatsuki:20131007162221p:plain

 

MyBooks.jp」へのユーザー登録を勧められます。「MyBooks.jp」(http://www.mybooks.jp/)とは何か?

実は、外部のブログ製本サービスなのです。これまでも他のブログの製本化に対応していたのですが、新たにそこにmixi日記が付け加わった、というわけ。なるほどmixi独自のサービスではなくて外部のサービスに対応しただけか…とちょっとがっかり。

 

しかし、料金は両者まったく同じ。ユーザーとしては嬉しいもののどこで収益を得るんだろう。

100ページ・標準(B6)サイズ・カラー印刷×1冊の場合: 3,270円(送料別)
100ページ・標準(B6)サイズ・モノクロ印刷×1冊の場合: 1,370円(送料別)

 

f:id:aki-akatsuki:20131007163416p:plain

 

ここで、 「イイネ!」やコメントも印刷するかどうか聞かれます。これなくしてmixi日記じゃない!とは思いますが、後で述べますがコメントのやりとりがとにかく多かった私のような人は再考した方がいいかもしれません…

 

f:id:aki-akatsuki:20131007164125p:plain

 

認証などを許可したら、続きは「MyBooks.jp」になるので、そちらでログイン。本のタイトル、著者名、サイズ、読み込む日付の期間などを入力します。

f:id:aki-akatsuki:20131007164256p:plain

 

ページデザインを選んだら表示も選びましょう。mixiオリジナルの表紙も用意されています。

f:id:aki-akatsuki:20131007164348p:plain

 

「あたらしく作る」で仕上がり見本がPDFで作れます。

f:id:aki-akatsuki:20131007164451p:plain

 

一瞬注文完了みたいな雰囲気で慌てますが、まだまだ後で編集できます。

 

f:id:aki-akatsuki:20131007164727p:plain

 

仕上がり見本PDFでは、表紙や目次、本文の様子が確認できます。ただしサンプルなので「sample」という文字が入っています。

もちろん、気に入らなければ本の仕様やデザイン、本文編集もできます。

なお、コメントはこのように入ります。とても楽しいんだけれど、多すぎて入らないという…涙

 

f:id:aki-akatsuki:20131007165611p:plain

 

なお、私の場合は日記とコメントのやりとりが多すぎて、一冊にまとめることができませんでした!要らない日記を一つ一つ確認して編集する作業が必要なのですが、一々確認せねばならず…無理!今日はここまで。

時間を取って作成し直したいと思います〜。